top of page

英会話でも英文法は必要か?


英会話に英文法は必要か?」とよくお問合せを頂きます。

この質問をいただくと、私は迷わず、「Yes」とお答えします。


英語学習において文法を学ぶ必要性は多岐にわたります。

以下にその理由をいくつか挙げてみます。


  1. 読解力の向上: 英語の文章は文法的な構造に基づいて作られており、文法を理解することで、文章の意味を正確に理解することができます。文法を理解していないと、文章の意味が分からずに内容を誤解することもあります。

  2. 聴解力の向上: 英語を話す人が話す内容は、文法的な構造に基づいています。文法を学ぶことで、話された内容を正確に理解することができます。

  3. 発話力の向上: 英語を話す際にも、正しい文法を使うことが重要です。正しい文法を使わないと、相手に伝わりにくいことがあります。また、英語を話す相手が、自分の文法的な誤りを指摘された場合、正確な表現を身につけることができます。

  4. 書く力の向上: 英語での文章を書く場合、文法的な構造に基づいた正確な文章を書くことが求められます。正しい文法を使わないと、読み手に伝わりにくい文章になってしまいます。

  5. 考える力の向上: 英語の文法を学ぶことで、文法的に正しい文章を作るためにはどのように考える必要があるかを学ぶことができます。その結果、自分の考えを正確に表現するための力が向上することが期待できます。

以上のように、英語学習において文法を学ぶことは、読解力や聴解力、発話力、書く力、考える力の向上につながるため、非常に重要な要素となります。




とは言っても、英会話ですよ〜っと言われます。 英会話の技術を向上するためにも、文法学習も非常に重要な要素の1つです。

文法を理解することで、自分自身が正しい英語を話すことができるようになります。また、相手の話す内容を正確に理解することができるため、コミュニケーションがスムーズになります。

例えば、相手からの質問に対して自分が適切な文法を使って答えることができれば、相手は自分の言いたいことが正確に伝わったと感じ、信頼関係が築けることもあります。

また、英会話ではリスニングスキルも重要です。リスニングスキルを向上させるためには、相手が話している英語の文法的な構造を理解することが必要です。

さらに、英語のスピーキングスキルを向上させるためには、自分自身が使う英語の文法についても理解する必要があります。自分自身が使う英語について、文法的な誤りを修正することができるようになれば、より自信を持って英会話を行うことができるようになります。

したがって、英会話の技術を向上させるためには、文法学習が必要不可欠な要素であると言えます。

englishbizでは

・英語文法基礎コース(中学文法)

・英語文法応用コース(高校文法)

・スパルタ英検塾(ネイティブレベル英文法)

のコースを設定し、こどもたちの英語力育成を実践しています。 無料体験レッスンでぜひ文法学習の楽しさもご体験ください。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page