top of page

短期集中「英検」対策


今日は英検対策において、短期集中で効果的に準備するための方法をいくつか紹介します!


  1. 過去問を解く 英検に出題される問題は、基本的に毎年同じような傾向があるため、過去問を解くことが非常に効果的です。短期間で効率的に学習するためには、必ずしも全ての問題を解く必要はありません。過去数年分の問題集から、重要そうな問題や自分が苦手とする部分を中心に取り組もう!

  2. リスニング力を鍛える 英検はリスニングのスキルが重要です。短期間で効率的にリスニング力を上げるためには、テレビ番組やラジオ番組、YouTubeなどを使って、英語を聞く習慣を身につけることが大切です。また、過去問を解くと同時に、リスニング問題にも特に注力してみよう!

  3. 英語表現を暗記する 英検に出題される英語表現は、ある程度予測ができます。短期集中で効果的に対策するためには、問題集やテキストなどから英語表現を抜き出して、カードなどに記載して暗記することがオススメです!

  4. 文法の基本を確認する 英検には文法の問題が出題されるため、文法の基本をしっかりと押さえることが大切です。文法のルールを理解するために、参考書や問題集から問題を選んで、自分で解説してみると理解が深まります。

  5. スピーキング練習をする 英検に出題されるスピーキングテストは、緊張感が高いため、普段から積極的にスピーキング練習をすることが必要です。自分で英文を考えて、その場で話す練習をしたり、スピーキング練習アプリを利用して練習することがオススメです。

以上の方法を取り入れて、短期集中で英検対策を行うことができます。

短期間での英検対策は限られた効果しか期待できないため、ある程度余裕を持って長期的な計画を立てることが望ましいです。

以下に、短期集中での対策に加えて、長期的な対策のアイデアをいくつか紹介します。

  1. リーディングを積極的に行う 英検に出題されるリーディングテストは、長文を読み取り、正確に理解することが求められます。英字新聞や英語の小説など、自分の興味のあるものから読み始め、英語の長文に慣れ親しむことが大切です。

  2. 単語の量を増やす 英検に出題される単語数は膨大です。単語を増やすためには、定期的に単語帳や単語アプリを活用して、繰り返し覚えることが重要です。

  3. 英会話のレッスンを受ける 英検にはスピーキングテストがあります。英会話のレッスンを受けることで、英語を話すことに慣れ、スピーキング力を向上することができます。

  4. 模擬試験を受ける 長期的な対策において、模擬試験を受けることは非常に効果的です。模擬試験を受けることで、実際の試験と同じ環境下で対策することができ、自分の弱点を把握し、対策を立てることができます。

  5. 英語環境を作る 英検に合格するためには、英語を常に意識している環境を作ることが大切です。英語のドラマや映画を視聴したり、英語のSNSをフォローするなど、日常的に英語を取り入れるようにしましょう。

以上のように、短期集中での対策に加えて、長期的な計画を立てて、徐々に力をつけていくことが英検対策のポイントです。

大学受験や高校入試でも優位性のある英検に特化した「スパルタ英検塾」も無料体験できます。 ご希望の方は、是非こちらから→

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page