top of page

「高松附属小学校」受験の対策


新学期になり、小学校受験をご検討の方も多いのではないでしょうか? 高松附属小学校受験やその他の小学受験を目指す場合、新学期に以下のような教育活動を行うことが一般的のようです。

  1. 読み書きの基礎を身につける 幼児期は読み書きの基礎を身につける時期です。保護者は、子どもが楽しみながら基礎的な文字や言葉を覚えられるよう、絵本の読み聞かせや歌などを活用した遊びを取り入れることが重要です。

  2. 算数の基礎を身につける 小学校入学前には、足し算や引き算、数の大小などの算数の基礎を身につけることが大切です。保護者は、子どもが数の概念を身につけるために、おもちゃや絵本を使った遊びを取り入れることが有効です。

  3. 語彙力を増やす 小学受験においては、豊富な語彙力が求められます。保護者は、子どもが楽しみながら新しい単語や表現を覚えられるよう、絵本やリズム遊びなどを活用した遊びを行うことが重要です。

  4. 社会性やコミュニケーション能力を身につける 小学校に入学するにあたっては、社会性やコミュニケーション能力が求められます。保護者は、子どもが集団で過ごすことに慣れるよう、幼稚園や保育園などでの交流や、親子での外出などを通じて、社会性やコミュニケーション能力を身につけることが大切です。

  5. 模擬試験を受ける 小学受験を目指す場合は、幼児期から模擬試験を受けさせることが有効です。模擬試験を受けることで、子どもが本番のテストに慣れると同時に、保護者は子どもの学力を把握することができます。

また、受験対策を行う上で、下記の方法を留意されると良いと思います。

1. 自由な活動を尊重する

子どもたちが自ら学ぶことを尊重し、自由な活動を奨励しましょう。子どもたちの自発的な興味や好奇心に合わせて、学習の指導や資材の提供を行いましょう。

2. 自己裁量による学習

子どもたちが自己裁量によって学習することを重視しましょう。具体的には、用意した教材を自由に選び、自分のペースで学ぶことができます。

3. 身体的な活動に重点を置く

身体的な活動にも重点を置き、子どもたちが自分で物を操作したり、触れたりすることを通じて、学びを深めましょう。

4. 統合的な学びを重視する

単科教育だけではなく、統合的な学びを重視しましょう。具体的には、数学や言語といった分野を統合的に学ぶことで、子どもたちが学びを深めることができます。

5. 自己評価を促す

こどもたちが自分自身を評価することを促し、自己肯定感を高めることを重視しましょう。具体的には、子どもたちが自分で教材を選んで学び、自分の成長を自己評価することが奨励されます。


小学受験は必ずしも幼児期から無理に準備する必要はありません。子どもの個性や能力を十分に考慮しながら、無理のない教育を行いましょう。






英語学習情報や子育て情報、入試情報などを配信しています!


閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page