top of page

大人も子どもも「英語学習の目標設定」は大切


目標設定は学習において非常に重要な役割を果たします。以下に目標設定の必要性とその効果を5つの項目で説明してみます。

  1. 目標を明確にすることで方向性が定まる 目標を設定することで、何を目指すべきか、何をすべきかという方向性が定まります。明確な目標があれば、学習において自分がどのような方向に向かって進んでいるかを把握することができます。

  2. 目標に基づいて計画を立てることができる 目標があることで、それに向かっての計画を立てることができます。計画を立てることで、自分がどのような期間でどのような学習を進めるかを明確にすることができます。

  3. 目標に向けて自己モチベーションを高めることができる 目標を設定することで、自分がどのような目的を持って学習しているかを明確にすることができます。そのため、目標に向けて自己モチベーションを高めることができます。

  4. 目標を達成することで達成感や自信を得ることができる 目標を達成することで、自分自身に対して達成感や自信を得ることができます。このようなポジティブな感情は、学習においてのモチベーションや自信を高めることができます。

  5. 目標設定によって成果を評価し、改善することができる 目標を設定することで、自分自身の成果を評価することができます。成果を評価することで、自分自身の学習における強みや課題を把握し、改善することができます。



大人の英語学習において具体的な目標を設定することも非常に重要です。

以下に具体的な目標の例とその理由を3つ挙げます。

  1. TOEICのスコアを上げる TOEICはビジネス英語において広く使われている試験です。TOEICのスコアを上げることで、ビジネスシーンでの英語力を証明することができます。また、TOEICはリスニングとリーディングに分かれているため、具体的な目標設定がしやすく、それぞれのスコアを目標にすることができます。

  2. 海外旅行でのコミュニケーション能力の向上 英語圏の国を訪れた際に、現地の人とコミュニケーションをとることは非常に重要です。このため、海外旅行におけるコミュニケーション能力の向上を目標にすることができます。例えば、レストランでの注文や交通手段の問い合わせなど、具体的な場面において、どの程度の英語力が必要かを想定して、目標を設定することができます。

  3. 英語でのビジネスプレゼンテーションのスキルアップ 英語でのビジネスプレゼンテーションを行う機会がある場合、スキルアップすることが重要です。プレゼンテーションにおいては、聴衆に対して的確かつ魅力的な情報を伝えることが求められます。このため、プレゼンテーションの準備や練習を通じて、具体的な目標を設定し、スキルアップを目指すことができます。




子供の英語学習において、適切な目標設定を行うことは非常に重要です。以下に子供の英語学習における目標設定の例を挙げます。

  1. 英語の基礎を身につける まずは、英語の基礎的な単語や文法を身につけることが重要です。これは、将来的に高度な英語力を身につけるための土台となります。具体的な目標としては、アルファベットの認識、単語やフレーズの覚え方、基本的な文法ルールの理解などが挙げられます。

  2. 英語でのコミュニケーション能力の向上 英語を話すことができるようになることは、子供にとって非常に重要です。英語でのコミュニケーション能力を向上させるためには、会話の練習が必要です。具体的な目標としては、英語で自己紹介ができるようになる、英語で日常的な会話をすることができるようになる、英語で質問をすることができるようになるなどが挙げられます。

  3. 英語での読み書き能力の向上 英語での読み書き能力を身につけることは、将来的な学習やキャリアにおいて非常に役立ちます。具体的な目標としては、英語のストーリーや文章を読み、理解することができるようになる、英語で手紙やレポートを書くことができるようになるなどが挙げられます。

具体的に英検取得を目標に英語学習をすることは、非常に効果的な方法の一つです。

  1. 目標が明確でモチベーションが向上する 英検取得は、具体的な試験を目標にすることができるため、学習者にとって目標が明確になり、モチベーションが向上するというメリットがあります。

  2. 総合的な英語力が身につく 英検は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能が問われるため、それらの技能を総合的に向上させることができます。また、英検対策の学習教材や問題集を使うことで、英検に必要な語彙や表現、文法などを網羅的に学習することができます。

  3. 英語学習の成果が評価される 英検取得は、英語学習の成果が正式に認定されることになります。英検を取得することで、自分の英語力を客観的に評価することができるため、自信を持って英語を使うことができるようになります。

以上のように、英検取得を目標にすることで、具体的な目標があり、総合的な英語力が身につき、英語学習の成果が評価されるというメリットがあります。ただし、英検に合格するには高いレベルの英語力が必要であるため、英検取得を目標にする場合は、継続的な努力と練習が必要です。 次回は、

継続したい学習をどの様に続けるかについてお話しします!


閲覧数:43回0件のコメント

Comments


bottom of page