top of page

TOEIC 900点なら英語を話せますか?


TOEIC(Test of English for International Communication)は、ビジネスや職場での英語コミュニケーション能力を測定するために使用される標準的なテストです。TOEICが高得点である事で英語能力の優位性を謳う事ができます。例えば、 1.就職・転職の優位性: 多くの企業が、TOEICスコアを求めています。特に、グローバル企業では、英語力を持つ人材を求める傾向があります。TOEICの高いスコアを持っていると、就職や転職の際にアドバンテージがあります。

2.世界的に認められている: TOEICは、世界中で認められている英語能力試験の一つです。そのため、TOEICのスコアは、海外で就職や留学を希望する場合にも役立ちます。

3.コミュニケーション能力の向上: TOEICは、リスニングとリーディングのスキルを測定するためのテストです。TOEICの対策をすることで、ビジネスや職場での英語コミュニケーション能力を向上させることができます。

4.英語学習の目標になる: TOEICのスコアを目標にすることで、英語学習のモチベーションが上がります。また、TOEICに向けて学習することで、リスニングとリーディングのスキルを高めることができます。

以上のように、TOEICは、就職や転職の際にアドバンテージを持つだけでなく、ビジネスや職場での英語コミュニケーション能力を向上させるためのツールとしても有用です。 では、TOEIC900点以上のスコアがあれば、英語はペラペラに話せるか? 答えは、そうでもありません(^_^;) ご存知のように通常言われる「TOEIC」は、英語のリスニングとリーディングの能力を測定するテストであり、英語を話す能力を測定するものではありません。 したがって、TOEICスコアが900点以上であっても、必ずしも英語を話す能力があるとは限りません。英語を話す能力は、TOEICとは異なるスキルであり、独自の練習とトレーニングが必要です。 英語を話す能力を向上させるためには、英会話のクラスやネイティブスピーカーとの会話など、実際に英語を話す機会を増やすことが重要です。 英語を話すには、やっぱり話すトレーニングが必要です。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page