top of page

英語を話せる様になるプロセス


幼児から大人になるまで英語を話せるプロセスは、年齢、個人の能力や環境によって異なりますが、一般的には以下のようなステップが含まれます。

  1. 聞く能力の発達 幼児期には、まずは言葉を聞いて理解する能力が発達します。家族や周りの人々の話す言葉を聞いたり、本や映像からの情報を聞き取ることで、英語を含む言語の音や文法に慣れ親しむことができます。

  2. 発話能力の開発 幼児期には、聞いた言葉を模倣して発話することで、英語を含む言語の発音や文法に慣れ親しむことができます。この時期には、正しい発音や文法にこだわらず、表現することが重要です。

  3. 語彙の増加 英語で使われる単語や表現を覚えることで、コミュニケーションがよりスムーズになります。幼児期には、簡単な言葉やフレーズから始め、日常生活で使われる単語や表現を覚えていきます。

  4. 文法の習得 英語の文法を学び、正しい文を作る能力を身につけることで、より高度なコミュニケーションが可能になります。このステップは、英語教育の初期段階で重要な役割を果たします。

  5. 読み書きの能力の発達 英語を読んだり、書いたりすることで、より深い理解が可能になります。このステップは、英語教育の後半段階で重要な役割を果たします。

以上のステップを経て、英語を話せるようになるプロセスは進んでいきます。 ただし、個人差が大きいため、上記のステップが一律に当てはまるわけではありません。また、日常的に英語を使う環境に身を置くことができるかどうか、英語教育の質、学習意欲なども英語を話せるようになる上で重要な要素となります。 英語保育園に通っていた時は英語を話せたけど、通常の小学校に上がってから英語が話せなくなったというお悩みを多く頂きます。 それは、「英語を話す環境」がグッと減り、 語彙の育成や発話能力の開発が出来ないために発生します。 日本社会で、通常の小学校へ進学された場合は、 いかに英語を話したり語彙を増やせる環境を持てるかが重要になります。

家庭で取り組みやすい方法は、英語の絵本を読むこと。特に音読は大切です。 そして、英会話教室などを利用して、発音チェックや要約力をつけ、英語表現を学んでいくのも効果的だと思います。 小さな子どもたちにとって、レッスンが楽しい、自分ができるという満足感は学習を継続する上でも重要なポイントです。

年齢に合わせた学習にポジティブなフォードバックで、子どもたちを応援し、子どもたちの「できる」を増やしていきましょう!

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page