top of page

英語の読み書きや英語発音がよくなる「フォニックス」って?


フォニックス(phonicis)とは、英語圏の子供や第二外国語を学ぶ外国人が綴り字と発音の間の規則性を学び、正しい読み方を学習する方法です。

特に英語を学ぶこども達がフォニックスを学ぶことは下記の理由でとても大切です。


  1. 英単語の発音を簡単に理解できる フォニックスは、英単語を構成する音素(音の単位)を学ぶことから始まります。そのため、英単語の発音を理解することが容易になり、子供たちは英語をより正確に発音できるようになります。

  2. スペルが簡単になる フォニックス学習は、単語の構成要素である音素を理解することから始まります。この理解に基づいて、子供たちは英単語のスペルを容易に理解できるようになります。

  3. 読解力が向上する フォニックスは、単語を音素に分解することから始まりますが、その後は、単語を組み立てることについても学びます。子供たちは、単語の音素を正確に理解することによって、単語を読むことが容易になります。これにより、子供たちの読解力が向上します。

  4. 綴りのルールを理解する フォニックスは、英語の綴りのルールを理解することに焦点を当てています。子供たちは、英語の綴りのルールを正確に理解することで、自信を持って英単語を綴ることができるようになります。

  5. 新しい単語を自分で読めるようになる フォニックス学習をすることで、子供たちは新しい単語を自分で読むことができるようになります。これにより、彼らは読み書き能力を向上させることができ、学業の成績にも好影響を与えます。


フォニックスには、様々なパターンがありますが、今日は基本の基本!母音パターンをご紹介します。 フォニックスの母音パターンには以下のものがあります。

  1. 単母音パターン:a, e, i, o, uが単独で出現する場合。 例:cat, bed, sit, hot, bug

  2. 長母音パターン:a, e, i, o, uの母音字母が1文字で表される場合。 例:cake, see, bike, bone, cute

  3. マジック「e」パターン:子音 + a + マジック「e」が並ぶ場合、aの音は長母音として発音される。 例:cake, Pete, bike, home, cute

  4. オウ、オー、オー、アイ、アウ、イーのパターン:複数の母音字母が一緒に出現する場合。 例:cow, boat, road, light, shout, bee

  5. ラ制限パターン:rが後に続く母音字母の場合、その母音は独特の音になる。 例:car, bird, her, sir, fur

これらのパターンは、フォニックス学習において重要な役割を果たします。母音パターンを正確に理解することで、子供たちは英単語の発音やスペルをより正確に理解することができます。



そして、フォニックス学習に付け加え、サイトワードの学習を進めると、あっという間に英語の絵本が読めるようになります。 サイトワードとは、英語の最も一般的で頻繁に使われる単語のことを指します。これらの単語は、英語の文章や文書で非常に頻繁に使用されるため、英語を学ぶ人々にとって非常に重要です。以下に、一般的なサイトワードの例をいくつか示します。

  1. the

  2. and

  3. a

  4. to

  5. in

  6. that

  7. is

  8. for

  9. it

  10. of

  11. with

  12. you

  13. have

  14. be

  15. on

  16. not

  17. are

  18. this

  19. or

  20. they

これらの単語は、英語を学ぶ初心者にとって非常に重要です。 これらの単語を覚えることで、こども達は英語の文章をより理解しやすくなり、読み書きの能力を向上させることができます。


このような学習を進めると、小さな子どももしっかり英語が読めるようになります!




最新の英語教育事情や無料英語学習動画などを配信しています。

​お友だち登録よろしくお願いします。



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page