top of page

昨年度英検受験者数(小学生)は過去最高!



(引用:実用英語検定ホームページより)


こども英会話や英検受験は必要でしょうか」と時々お問い合わせを頂きます。 そんな時、私はこんな風に答えます。

こどもにとって英会話や英検受験は必要性があると言えます。 英会話は世界共通の言語であり、今後グローバルな社会で活躍するためには英語のコミュニケーション能力が必要です。こどもはまだ言語習得の能力が高い時期にあり、英語を自然な形で身に付けることができるので、英会話を習得することは非常に有益です。


また、英検は国際的な資格であり、高い英語力を認められた証として認知されています。

英検受験には以下のようなメリットがあります。

  1. 英語力の向上: 英検受験は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能を総合的に評価するテストです。英検に向けて勉強することで、英語力を総合的に向上させることができます。

  2. 国際的な認知度の高さ: 英検は日本だけでなく、海外でも高い評価を受けています。英検のレベルに合わせた英語力を持つ人材は、グローバルな市場での就職や留学において有利になります。

  3. 職場での評価向上: 英検の合格証は、英語力があることを証明する資格として認知されています。企業においては、英語力が求められる業務に従事する社員に対して英検の受験を奨励する場合があります。英検の合格は、社内での評価向上につながる可能性があります。

  4. 大学入学のメリット: 大学入試においても英検の合格は、外国人留学生と同様の英語力を持つことを証明する資格として評価されています。英検の合格者は、大学入試において加点措置がある場合があります。

  5. 自信の向上: 英検の受験は、英語力を向上させるだけでなく、自己実現や自己肯定感を高める効果があります。英検の合格は、自分自身の努力や成長を実感することができ、自信を持って英語を使うことができるようになります。

英検受験には、英語力の向上や国際的な認知度の高さなど多くのメリットがあります。将来的にグローバルな社会で活躍するためには、英検の受験は有用な手段の一つと言えます。


しかし、こどもにとって英会話や英検受験が必要かどうかは、個人の目的や状況によって異なります。例えば、将来的に海外留学を考えている家庭では英語力を高めることが重要であるため、英会話や英検受験は必要かもしれません。 一方、英語を必要としない職業に就くことが予想される場合は、英語学習に時間を割く必要性は低くなるでしょう。

総じて言えることは、こどもにとって英会話や英検受験が必要かどうかは個人の状況によって異なるということです。ただし、英語は世界的に重要な言語であることは間違いありませんので、こどもに英語力を身に付けさせることは将来的に大きなメリットがあると言えます。


いつの時期にどんな勉強をするかは個人の状況により異なりますが、 世間の動向はしっかり押さえておこう!


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page