top of page

新しい時代に挑戦する子どもに育って欲しい

更新日:2023年3月29日


解の無い新時代。

可愛い我が子に新しい環境でも挑戦できる子供になって欲しいと思いませんか?


私は我が子に「自分が進みたい道に挑戦できる人になって欲しい」と思っています。 そこで「挑戦できる子どもの育て方」を少しまとめてみましたので、今日はそちらをご紹介します。


子どもの挑戦力を育成する方法は様々ありますが、以下に5つの方法をご紹介します。

  1. ポジティブなフィードバックを与える 子どもが挑戦する姿勢を育成するためには、成功した時にポジティブなフィードバックを与えることが重要です。成功したことを褒めたり、努力が報われたことを認めることで、子どもの自信がつき、次の挑戦に向けて前向きな姿勢を維持することができます。

  2. 失敗を恐れない環境を作る 子どもが挑戦する姿勢を育成するためには、失敗を恐れない環境を作ることが重要です。失敗したときに責めたり、否定的なフィードバックを与えたりすると、子どもは挑戦を避けるようになります。失敗しても受け入れられる環境を作ることで、子どもは積極的に挑戦し続けることができます。

  3. 目標を設定する 目標を設定することは、子どもが挑戦する姿勢を育成するために非常に重要な要素です。子どもには、自分が達成したいことを明確に設定し、そのために努力することが必要です。目標に向かって進んでいく中で、子どもは自己実現感を高め、自己成長を実感することができます。

  4. チャレンジングな環境を提供する 子どもが挑戦する姿勢を育成するためには、チャレンジングな環境を提供することが大切です。子どもが自分の能力を試すことができるような環境を作り、新しいことに挑戦することができるようにします。このような環境では、子どもは自分の能力を高め、成長することができます。

  5. 自己決定を促す 子どもが挑戦する姿勢を育成するためには、自己決定を促すことが重要です。子ども自身が自分が取り組むことを決め、自分で考えて行動することができるようにすることで、自己肯定感や自己決定力を高められるそうです。



自己肯定感とは、自分自身に対して肯定的な評価を持ち、自分自身を受け入れ、自信を持つことができる心の状態を指します。自己肯定感が高い人は、自分自身を認め、自己評価が高く、自信を持って行動することができます

自己肯定感は、幼少期からの家庭環境や、学校や社会での経験、そして自己決定力や自己実現感といった要素によって形成されます。例えば、親や教師からのポジティブなフィードバックや、自分で目標を設定し、それを達成する経験をすることで、自己肯定感が高まります。

自己肯定感が高い人は、失敗や挫折に対しても前向きに取り組み、自分自身を肯定的に評価することができます。一方で、自己肯定感が低い人は、失敗や挫折に対して負の感情を持ち、自分自身を否定的に評価する傾向があります。

自己肯定感が高い人は、自分自身を受け入れ、自信を持って行動することができるため、ストレス耐性や心理的な健康状態が良くなることが多いとされています。そのため、自己肯定感を高めることは、心の健康にとって非常に重要なことと言えます。 しかし、自己決定してもらう上で注意点もあるようです。 子供に選択肢を持たせることには、以下のような利点と欠点があります。

【利点】

  1. 自己決定力の強化: 子供が自分で選択をすることで、自己決定力が強化されます。自分で決めることで、自己肯定感や自信をつけることができます。

  2. 責任感の醸成: 子供が自分で選択した結果に責任を持つことができるため、責任感を醸成することができます。

  3. 創造性や発想力の向上: 選択肢があることで、子供が自分で考え、発想する力が養われます。また、選択肢が限られている場合よりも、より多くの創造性が必要とされるため、創造性も向上することが期待されます。

【欠点】

  1. 負担感の増大:子供が選択肢を持っていることは、一方で負担感を増大させることもあります。例えば、多くの選択肢がある場合、それぞれを比較し検討することが必要になるため、選択にかかる時間やエネルギーが増加します。

  2. 誤った選択の可能性:選択肢が多い場合、子供が誤った選択をする可能性があります。また、選択肢が多すぎる場合、子供が混乱してしまうこともあります。

  3. 親の介入の難しさ:子供が自分で選択をすることは、親の介入が難しくなることもあります。例えば、子供が誤った選択をした場合、親が介入することが難しくなるかもしれません。

以上のように、子供に選択肢を持たせることには、利点と欠点があります。親や教育者は、子供が自分で選択をする際に、適切な選択肢を提示し、子供の判断力を育むような支援をすることが大切なようです。 子どもの年齢や能力に配慮し、ママやパパにもストレスがなく、楽しく子育てに取り組める工夫をしてみましょう。 子どもたちの能力は無限大!





閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page