top of page

小学生が勉強を「習慣化」させる方法


まずは大人にも有用で、学習習慣の全般論ですが、 1)目標を設定する: 具体的で達成可能な目標を設定し、それらを達成するための計画を立てましょう。目標が明確であることは、やる気を維持するために重要です。

2)スケジュールを立てる: 毎日のスケジュールを立てることで、勉強時間を決め、習慣化させることができます。スケジュールを守ることで、自己規律を高め、習慣化が容易になります。


3)環境を整える: 勉強する場所を整えることで、勉強に集中しやすくなります。例えば、静かな場所や、机や椅子などの快適な環境を整えることが大切です。

4)報酬を設定する: 自分に対して報酬を設定することで、やる気を維持することができます。例えば、勉強を習慣化させることで、自分に何かご褒美を与えることができます。


5)グループで勉強する: グループで勉強することで、自分自身を責め、習慣化することができます。グループで勉強することで、互いに励まし合い、習慣化しやすくなります。




そこで今日はもう少し深掘りして、小学生の学習方法(勉強方法)特に習慣化について少し考えてみたいと思います。

  1. 時間割を作る: 小学生の場合、毎日のルーティンが重要です。勉強時間を決め、時間割を作ることで、勉強時間を確保することができます。具体的な目標を設定し、達成するための計画を立てましょう。

  2. 褒めること: 小学生は、褒められることがやる気につながります。親や教師からの褒め言葉が、勉強に対するモチベーションを高めます。勉強に積極的に取り組む姿勢を見つけた場合、ぜひ褒めてあげましょう。

  3. 遊びとのバランスを取る: 小学生にとって遊びは大切です。勉強だけに集中していては、ストレスがたまってしまい、習慣化することが難しくなります。適度な遊びと勉強のバランスをとり、ストレスをためずに勉強に取り組めるようにしましょう。


実施上の重要なポイントは、 ・ルーティンを作る: 小学生は、日々のルーティンを確立することが大切です。勉強時間を決め、時間割を作ることで、勉強時間を確保しやすくなります。

ポジティブなフィードバックを与える: 小学生に対して、ポジティブなフィードバックを与えることで、自己肯定感を高めることができます。褒め言葉や、達成感を感じられる目標を設定することで、やる気を維持しやすくなります。


適度な休息をとる: 小学生は、適度な休息をとることで、ストレスをためずに勉強に取り組めるようになります。遊びや体を動かすことも重要です。適度な遊びと勉強のバランスをとり、ストレスをためずに勉強に取り組めるようにしましょう。

習慣化するためには、継続することが大切です。上記のポイントを意識しながら、習慣化に向けて取り組んではいかがでしょうか?

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page