top of page

学習の年間スケジュールを立てよう


入試や公開模試に備え、年間スケジュールを作成しよう!

  1. 目標達成のための計画性の確保 年間スケジュールを作成することで、受験に必要な知識やスキルを習得するための計画を立てることができます。計画を立てることで、自分が何をどのように学ぶ必要があるのかを明確にし、目標達成に向けて効率的に学習することができます。

  2. 時間の管理 年間スケジュールを作成することで、受験までの時間を意識して、学習時間の配分や期限を設定することができます。これにより、時間を有効に使い、学習の遅れや時間不足を防ぐことができます。

  3. 穴埋め学習の促進 年間スケジュールを作成することで、自分がまだ習得していない知識やスキルを確認し、穴埋め学習を促進することができます。また、スケジュールを作成することで、復習や演習の時間を確保することができ、知識の定着につながります。

  4. ストレス軽減 年間スケジュールを作成することで、自分がどの程度の進捗をしているのかを把握することができます。また、スケジュール通りに学習が進められれば、受験に対する不安やストレスを軽減することができます。

以上のように、入試や公開模試に備えた年間スケジュールを作成することは、目標達成のための計画性の確保や時間の管理、穴埋め学習の促進、ストレス軽減などの効果があるため、学習効果を高めるうえで非常に重要です。 年間スケジュールを立てると、自分の進む方向性もクリアになります。 逆に、数年後を見ずに目の前の模試や行事だけに囚われると大学入試や高校入試に支障をきたす場合があります。



様々な考え方や取り組み方がありますが、入試をフォーカスし先取り学習などもここで紹介したいと思います。 先取り教育とは、通常の授業よりも高度な内容を学習することで、将来的により高度な学習を行うための基礎を築く教育方法です。

  1. 学習意欲の向上: 先取り教育は、通常の学習よりも高度な内容を学ぶため、学生たちは自分が成長していることを実感し、学習意欲が高まります。また、興味を持って学習することができるため、自主学習の習慣が身につきやすくなります。

  2. 知識の定着: 先取り教育を行うことで、学生たちはより高度な知識を学ぶため、より深い理解を求められます。そのため、知識の定着度が高くなり、将来的により高度な学習につながる基礎がしっかりと築かれます。

  3. 将来的な進路に有利: 先取り教育によって高度な知識を習得することで、将来的に進む予定の学問分野について、より深い理解を持つことができます。また、高度な知識を持っていることは、就職や進学において有利に働くことがあります。

  4. 個別差の解消: 先取り教育は、通常の授業とは異なる進度で学習するため、学生たちの個別差を解消することができます。また、先取り教育は学習の自由度が高いため、学生たちは自分のペースで学習することができます。

以上のように、先取り教育は、学習意欲の向上や知識の定着、将来的な進路に有利、個別差の解消など、多くのメリットがあります。将来的により高度な学習を行いたいと考えている人にとっては、先取り教育は非常に有益な方法といえます。




スパルタ英検塾では、小学生で英検3級~準2級取得を目指しています。 先取り学習に興味がある方はお問い合わせください! スパルタ!英検塾

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page