子供英会話?英語教育?

皆さんが英語教室を探される時、皆さんは「英会話」「英語教育」どちらを探されていますか?


「こども英会話」と「英語教育」とても似ていますが、englishbizではこの二つの言葉を厳格に使い分けています。


「こども英会話」は体験的な学習を指し、主に幼児期までの学習と考えています。

楽しみながら英語学習の導入部分にあたります。


「英語教育」と言葉を発するときは、結果を伴う学習ーつまり、テストの点数化、コミュニケーション能力の評定を伴います。英検Jr.英検、スピーチコンテスト、英語テストこれらは英語教育と考え、小学生以上は「英語教育」を実践しています。



お教室を選ぶ時、教材を選ぶ時、ぜひ上記の基準を設けて判断してください。

そうすれば、希望に合ったものが選べるでしょう。


子どもたちは、学校教育の中で常に「評価」をされています。

子どもたちの自信は、点数の「見える化」に比例します。


導入)楽しい

結果を出す)


自分が出来る→自信がつく→もっと挑戦してみよう→できることが増える→またまた自信がつく。


年齢に合させて、子供たちのプラスの連鎖をつなげてあげよう。



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
kids index.jpg

englishbiz

Academy