top of page

子供のやる気スイッチ


「色々実験してみますが、うちの子のやる気スイッチ入りません」とご相談をいただきます。

特に年齢が小さく、目標が定かでない場合、ご本人のやる気スイッチが入るまで時間が必要な場合もあります。 今日はそんな子供たちのやる気スイッチの入れ方をご紹介してみます。 子供のやる気を出させるための5つの方法は以下の通りです:

  1. 目標を設定すること 子供には自分自身の目標を設定することを奨励しましょう。目標が明確になると、達成感が得られるようになり、モチベーションが向上します。目標を設定する際には、達成可能であることが重要です。子供に過度なプレッシャーや期待をかけないように注意してください。

  2. 褒めること 子供が成し遂げたことや努力したことを褒めることは、モチベーションを高めるために非常に重要です。褒め言葉は、自信をつけたり、成長を促すために重要です。子供の努力を評価し、その成果を称えることを忘れないようにしましょう。

  3. 興味を持たせること 子供が自分で選んだ興味のある活動に参加することを奨励しましょう。子供の好奇心を刺激し、学びや遊びを楽しめるようにすることで、モチベーションが高まります。また、新しいことを試すことを促すことで、子供が自分自身を発見することができます。

  4. 自己肯定感を促すこと 子供が自分自身を肯定することができるように、ポジティブな言葉を使いましょう。また、失敗しても、それを悔やんだり、自分自身を責めたりしないように、子供に肯定的なフィードバックを提供しましょう。自己肯定感が高まると、子供はより多くのことに取り組み、自信を持って挑戦することができます。

  5. 楽しい環境を作ること 子供にとって学習や成長は楽しいものであるべきです。子供が楽しいと感じる環境を作ることで、モチベーションが高まります。楽しい学習方法や、友達と一緒に取り組むことができる活動を提供することが大切です。また、無理なプレッシャーやストレスをかけないようにしましょう。



ただし、どうしても意欲がわかない場合は、下記のように子供たちと寄り添う事も大切かもしれません。


子供がどうしてもやる気が出ないとき、親ができることは以下の3つです:

  1. 子供と話し合うこと まずは子供と話し合ってみましょう。何が原因でやる気が出ないのかを聞いてみて、子供の気持ちに寄り添ってあげましょう。子供がどういう状況にいるのか、何に不安を感じているのか、どうしてもやる気が出ないのかを知ることで、対処方法を見つけることができます。

  2. 一緒にやることを提案すること 子供が一人でやることに抵抗を感じている場合は、一緒に何かをやることを提案しましょう。例えば、子供が宿題に取り組むのを見守りながら、手伝ったり、子供が興味のあることに取り組む手本を見せたりすることができます。一緒に取り組むことで、子供は孤独感を減らし、モチベーションが向上することがあります。

  3. 休息をとらせること 時には子供に休息をとらせることも必要です。疲れがたまっていたり、ストレスがたまっている場合は、やる気が出なくなることがあります。そのため、子供にリラックスする時間を与え、自分自身をリフレッシュさせる時間を設けることが大切です。また、休息が必要なときは、親も子供に伴走し、一緒に休息をとることが大切です。



たまに、子供に気を使いすぎて親子喧嘩になる事もあるかもしれませんが、そんな時は、勉強やスポーツなどから一旦離れ、親子で共通の活動や趣味を見つけ話し合える関係性を高めてみてはいかがでしょうか? 楽しめる共通の時間や趣味を共有することで、子供たちの心の中にある思いや、 自分の夢など普段言葉にできない部分を活動を通じて共有できるかもしれません。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page