top of page

こどもが第二言語(英語)習得するためのポイント


出典:nippon.com ちょっとショッキングなデータです。 日本の英語力は年々世界ランキングで下がる一方。。。 周りの諸外国がグングンと力を伸ばし、大きく変わってこなかった英語学習のつけがこのような形で現れてきています。なんとも寂しい限りです^^;


実際に英語が使える子供達を育てるために関係者はより考慮すべきだと考えます。 英語を学ぶ方法はたくさんありますが、今日は基本中の基本のセオリーをお伝えしたいと思います。

こどもが外国語(英語)を習得するまでに、おさえておきたいいくつかのポイントがあります。 以下は、代表的な5つのポイントです。

  1. 早期から習得を始めることが重要です。 子供は、言語を習得する能力が高い時期にあるため、できるだけ早く第2外国語の学習を開始することが望ましいです。

  2. 頻繁な接触が必要です。 子供が第2外国語を自然に習得するためには、日常的にその言語に触れる機会を持つことが重要です。例えば、外国語を話す友達と一緒に遊んだり、外国語の絵本を読んだりすることが挙げられます。

  3. 聞く力を養うことが大切です。 第2外国語を習得するためには、まずは聞く力を養うことが重要です。子供には、リスニング教材や外国語の音楽を聞かせたり、外国語の映画やテレビ番組を見せたりすることが有効です。

  4. 会話の練習を積極的に行うことが必要です。 第2外国語を習得するためには、会話の練習が欠かせません。子供には、外国語を話す相手とのコミュニケーションを積極的に行う機会を与えることが大切です。

  5. 学習意欲を高めることが重要です。 第2外国語の学習には、学習意欲が高いことが大切です。子供には、楽しいゲームやアクティビティを通じて外国語を学ぶ機会を提供することが、学習意欲を高めるのに役立ちます。 englishbizでは、通常幼児・小学生(低学年)クラスでは、上記の1〜4を通常授業で行います。またサマースクールやスプリングスクールでは、実践的なアクティビティやお楽しみ会などで楽しみながら英語を話すことを行います。 そして、実際の英会話が出来るようになってくると、英語文法の学習を取り入れていきます。文法学習の適齢年齢は小学生の時期は個人差が大きい時期です。一つの目安として、英会話がスムーズに行えるようになってから、または、小学校高学年から中学生ぐらいが適切な時期とされています。しかし、英語を学ぶ上での年齢は重要な要素ではありますが、個人差も大きいため、一概に年齢で判断することはできません。 英語(外国語)を学ぶ目的によっても適切な年齢は異なります。例えば、英語をビジネスで使用するために学ぶ場合は、大人であっても文法学習を必要とする場合があります。

  英語文法学習によって得られる効果は、以下のようなことが挙げられます。

  1. 正確な理解ができるようになる: 英語の文法を学ぶことで、文法的なルールや語順を正確に理解することができます。そのため、文章や会話を正確に理解することができるようになります。

  2. 表現力が向上する: 英語の文法を学ぶことで、より正確な表現ができるようになります。また、文法的な誤りを減らすことができるため、より自然な会話ができるようになります。

  3. 語彙力が向上する: 英語の文法を学ぶことで、より多くの語彙を身に付けることができます。また、文法を理解することで、同じ語彙でも使い方によって意味が変わることに気づき、より豊かな表現ができるようになります。

  4. 論理的思考力が向上する: 英語の文法を学ぶことで、論理的な思考力が向上することがあります。文法には、論理的なルールがあるため、そのルールを理解することで、論理的な思考力を養うことができます。

以上のように、文法学習は、英語を学ぶ上で非常に重要な要素の一つであり、正確な理解や表現力の向上につながります。

文法アレルギーの方も多くいらっしゃいますが、やってみるとなかなか面白い発見があります。 親世代が学んだ方法では、文法アレルギーは多いかと思いますが、現在は学習方法もずいぶん変わっています。 英語を「聞く」→「理解する」→「話す」→「会話を楽しむ」→「文法学習をする」→「英語の活用の幅を広げる」→「英語を読む」→「英語で文章を書く」といった流れで学習を進めると、子供たちは自信をつけながら英語を活用できるようになります。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page